中学芸術鑑賞

2015年度の中学校芸術鑑賞教室がチャペルで実施されました。今年度は“寄席演芸”を鑑賞しました。

はじめに、落語の説明があり、お囃子、太鼓とのたたき方の意味も勉強しました。太神楽(曲芸)では、傘の上で枡を回したり、短剣の刃のところに湯飲みをのせたりなど、息を飲むなどシーンの連続でした。曲芸はテレビではよく見かけるのですが、実際に見ると緊迫感がありました。漫才では、二人の掛け合いが抜群で、映像では味わえないライブ感を体験することができました。落語では話芸にぐいぐい引き込まれ、生徒達は涙を流して大爆笑の連続でした。

寄席芸能という日本の話芸の文化に触れ、あらためてそのすばらしさに感動した機会となりました。


 落 語 三遊亭けん玉 「子ほめ」
 太神楽 翁家和助
 漫 才 ロケット団
 落 語 三遊亭兼好  「転失気」
 お囃子 鶴田やよい

芸術鑑賞教室では、事前学習で「なぞかけ」を募集しました。
優秀作品を紹介します。
兼好賞 「桜美林中学校とかけて、よい薬と解く。その心は コウカがよいでしょう。」
     2年D組 笠井 智暁
和助賞 「桜美林中学校とかけて、簡単な問題と解く。その心は みんな優しい。」
     2年A組 八木 紀子
ロケット団賞 「桜美林中学校とかけて、プリンターと解く。その心は どちらも英語(A5)が使えないと困るでしょう。」
     1年C組 廣瀬 和音

学校紹介

桜美林中学校・高等学校をご紹介しています。

教育内容

桜美林中学校・高等学校の教育内容をご紹介しています。

学校生活

授業、課外活動、さまざまな行事を通して素顔の桜美林を紹介します。

進路指導

一人ひとりの希望を聞き、将来像や生き方をともに考えて指導します。

入試情報

桜美林中学校・高等学校の入試に関する詳しい情報をご案内します。

Pagetop