中高クリスマス礼拝

-いと高きところに栄光、神にあれ。地には平和、御心にかなう人にあれ。(ルカ2:14)-

12月19日(土)中高共に、イエス・キリストのご降誕をお祝いするクリスマス礼拝が捧げられました。この礼拝では、山北宣久牧師(前聖ヶ丘教会牧師)をお招きし、中学礼拝では「星が光ったその晩に」、高校では「大きな喜びをあなたがたに」と題してクリスマスメッセージをいただき、クリスマスの恵みを分かち合いました。

礼拝には、普段の聖歌隊に加え、ハンドベル部・合唱部・高1音楽選択者による「ハレルヤ」など賛美が捧げられ、賛美に溢れるときとなりました。

また高校吹奏楽部は、礼拝後にクリスマスのお祝いとして「クリスマス・フェスティバル」を演奏してくれました。

チャプレン 堂本陽子

以下、生徒の感想文を紹介します。
「日本ではクリスマスの日に恋人や友だちと過ごすことが多いですが、キリスト教を信仰している国では、家族と過ごす理由が分かった気がします。キリストの愛を受け止めて生きることで本当の愛が分かると思いました。喜びにたどりつくためには、その前に必ず苦しみや悲しみがあると思います。その苦しみや悲しみを乗り越えるためには、人と人とが支え合っていかなければいけないと思います。私も他者と共に支え合って生きて生けたらいいなと思いました。」(高1女子)

学校紹介

桜美林中学校・高等学校をご紹介しています。

教育内容

桜美林中学校・高等学校の教育内容をご紹介しています。

学校生活

授業、課外活動、さまざまな行事を通して素顔の桜美林を紹介します。

進路指導

一人ひとりの希望を聞き、将来像や生き方をともに考えて指導します。

入試情報

桜美林中学校・高等学校の入試に関する詳しい情報をご案内します。

Pagetop