入試に関してよくいただくご質問

中学校

キリスト教主義教育について教えてください。

 キリスト教の信仰を強制するわけではありません。
 本校ではキリスト教の考え方を人格形成の基本に据えています。毎朝のHR礼拝のほかに、中学では3学年全体で、また高校では学年ごとにチャペルでの礼拝の時間が毎週1時間あります。チャペル礼拝では、本校チャプレンだけでなく、社会でさまざまな活動をされている方々をお招きしてお話をうかがいます。この礼拝の時間は、自分自身と向き合い心静かに自己を振り返る時間です。
 中学1年生から高校1年生にかけては、「聖書」の授業があります。ここでは建学の精神である「隣人愛」を主眼に、他者を大切にする心、すべての人と共生していくことの大切さを学びます。

桜美林中学校は共学ですが、男女比を教えてください。

 年により若干の違いはありますが、およそ男子:女子=1:1です。中高全体では女子がやや多くなっていますが、近年は男子の入学者が増えています。

クラス数を教えてください。

 学則定員は中学160名、高校320名です。中学が1学年各4クラス、高校が1学年各8クラスを基本としていますが、年によって若干の増減があります。

ネイティブの先生は何人いますか。

 専任教員が2人、講師が4人います。

桜美林大学へは進学できますか。

 成績、出席日数など一定の条件を満たすと学内推薦選抜試験の受験資格が得られます。希望者は基本的に全員進学できます。なお、他大学との併願で推薦入試を受ける制度もあります。

2019年の入試の変更点はどのようなことですか

 昨年まで2月3日は午前入試でしたが、3日の入試を午後に変更しました。
 また、2月1日の総合学力評価テストを、従来の「文系総合」「理系総合」の2科目受験型とさらに、「読解表現総合」を加えた3科目受験型の選択ができるように変更をしました。「読解表現総合」は問題文を読んで答える作文型の科目で、作文の勉強をしている受験生も力を発揮できるものとなっています。

2科受験と4科受験ではどちらが有利ですか。

 まず国語・算数の2科目の得点上位者から全体の2/3の合格者を決定します。続いて国語・算数・理科・社会の4科目の得点上位者から1/3の合格者を決定します。どちらが有利というわけではありませんが、4科目受験者は合否判定の機会が2回あることになります。

面接試験はありますか。

 現在、中学校の入学試験では面接は実施していません。

海外帰国生のための入学試験はありますか。

 海外帰国生のための特別な入学試験は実施していません。海外帰国生については一般の入学試験の中で考慮しています。

入学後、保護者の転勤によって海外や地方に一度転校して戻った際に復学はできますか。

 中学の場合は原則として復学できます。高校で復学する場合は編入試験を受けていただきますが、可能な限り考慮します。

スクールバスは在学生でなくても利用できますか。

 学校見学や出願、受験時など、本校に用件がある方は無料で利用できます。季節や行事によってスクールバスのダイヤが変更することがあります。ホームページで確認してください。

高等学校

出願の際に学校指定の調査書はありますか。

 本校指定の調査書様式はありません。在籍中学校で発行する書式のものを提出してください。

他の私立高校との併願もできますか。

 公立でも私立でもその両方でも併願できます。また、本校を第1志望にしていただいても併願優遇をご利用ください。

内申点へのプラス項目について教えてください。

 英検準2級以上取得者は5科または9科の内申点に1点加点しています。(英語への加点はできません。)

いつの時点の成績が選考の対象になりますか。

 中学校が3学期制の場合は2学期または1学期の成績、2期制の場合は受験用に用意する成績または前期の成績を選考の基準にしています。

併願優遇B・帰国生優遇Bの書類選考とはどういうものですか。

 入試相談後に作文用紙と題名をお渡ししますので出願時に提出してください。800字程度で、中学校や高校での学校生活、将来のことについて等が内容です。たとえ作文が苦手な方でも十分な時間があり、内容も難しいものではないと思います。2月10日8:00に合格発表があります。その後の3回の特待・コースアップ選考のうち必ず1回は受けてください。(特待・コースアップの必要がなくても必ず受けてください。)

併願優遇B・帰国生優遇Bの合格発表について教えてください。

 2月10日の朝に本校のホームページで発表します。合格通知などの書類はコースアップ・特待選考を受験した際にお渡しします。

コースアップ試験とはどういうものですか。

 内申点で出願できるコースが決まります。さらに他のコースを希望できるのがコースアップ試験です。出願の際に希望して下さい。他のコースを希望しても内申点が達しているコースの合格には影響ありません。また、出願の際に選んだ試験日より遅い日程を追加して受けることも可能で、1回目の試験を2月10日にする場合は最大3回受けることができます。

コースアップの目安を教えてください。

 コースアップの目安は、併願優遇A・B、帰国優遇A・Bで国公立コースへは220点、特別進学コースへは200点、オープン入試で国公立コースへは250点、特別進学コースへは220点 です。

国公立コースとはどのような特徴がありますか。

 国公立大学進学を目指し、実現するためのコースです。東京大学をはじめ、難関国公立大学に対応したプログラムです。そのために5(6)教科に手厚いカリキュラムになっていて教科数を減らさずに勉強します。必修科目が多いために週3程度の7時間目授業があります。他のコースとカリキュラムが異なるため、入学後3年間のコースの移動はありません。
 授業は思考力・記述力などを重視し、議論や添削指導などの機会が多くあります。
 このコースのみ、桜美林中学出身者と高校入学者の混合クラスです。国公立大学受験へ一丸となって臨む集団作りのため、大学進学に際して私立大の推薦入試などは利用しませんが、国公立大学の2次試験まで手厚くサポートをします。

特別進学・進学コースとはどのような特徴がありますか。

 現在の選抜・一般クラスと同様です。この2コースは同じカリキュラムです。特別進学コースはより高い学力を身につけ、難関大学合格への実力を養成します。1年次で週2回の7時間目授業があります。進学コースも大学進学のための学力を身につけます。現在の選抜クラスから難関国公立大学や難関私立大学の合格が数多く出ているのは当然ですが、一般クラスからも国公立大学や難関の私立大学合格者が何人も出ています。その実績からわかるとおり、次年度の特別進学コース・進学コースも勉強の環境は整っています。

オープン入試での合格ラインを教えてください。

 本校を第一志望とする受験生の場合は180点、その他は195点です。

スクールバスは在学生でなくても利用できますか。

 学校見学や出願、受験時などは利用できます。季節や行事によってスクールバスのダイヤが変更することがあります。ホームページで確認してください。

私立の中学に在籍していますが、併願優遇で受験できますか。

 出願できません。オープン入試を受験してください。

Adobe Flash Player

“Adobe Flash Player”の最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。お持ちのプラグインのバージョンによっては、一部コンテンツが正しく表示されないことがございますので、ご注意ください。

Adobe Reader

PDFをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は右側のアイコンよりダウンロード(無料)してご利用ください。

学校紹介

桜美林中学校・高等学校をご紹介しています。

教育内容

桜美林中学校・高等学校の教育内容をご紹介しています。

学校生活

授業、課外活動、さまざまな行事を通して素顔の桜美林を紹介します。

進路指導

一人ひとりの希望を聞き、将来像や生き方をともに考えて指導します。

入試情報

桜美林中学校・高等学校の入試に関する詳しい情報をご案内します。

Pagetop