Botond's farewell speech

更新日:2018年6月22日

 Rotaryプログラムによって昨年8月に来日し、9月から約1年間にわたって桜美林高校に留学しているハンガリー出身のDiczko Botondくんがこの7月に帰国します。
 本日の高2学年礼拝の後、高橋副校長からBotondくんに修了証の授与がありました。続いてBotondくんからお別れの挨拶がありました。

 みなさんお早うございます。私の名前はディツコーボトンドです。ハンガリーから来ました。7月10日に帰ります。だからこれは私の最後のスピーチです。
 去年の8月に来日しました。私が日本に来た理由はたくさんあります。一つ目は言葉が面白いと思ったからです。二つ目はアジアに行きたかったからです。ですが、一番興味があったのは日本の文化でした。
 高校は楽しかったです。文化祭はとても興奮しました。ハンガリーでは文化祭がありませんから初めてでした。いい思い出です。みなさんのクラスの出し物が上手でした。食べ物が美味しかったです。1年K組のお化け屋敷はとても上手にできていてとても怖かったです。私もおばけになってたくさん人を驚かせました。これはとても楽しかったです。クラスのTシャツもどれもユニークでかっこよかったです。
 次のイベントは合唱コンクールです。私は歌がとても苦手です。ごめんなさい。でもクラスのみんなはよく頑張っていました。残念ながら入賞はできませんでした。
 私は毎日大学で授業を受けていました。大学では他の留学生と日本語を勉強していました。日本語の勉強を集中的にできたので、たくさん日本語を覚えることができました。大学と高校の友達が助けてくれて、少しずつ日本語がわかるようになりました。今では日本語のjokeも言えるようになりました。私の一番好きなダジャレは「クモはどんな味ですか? スパイダー。」です。
 日本語で難しいのは文法と漢字です。漢字はたくさんあって、似ている漢字もたくさんあって、音読みと訓読みがあってそれが難しいです。でも日本語をマスターするためには覚えないといけないので、私はたくさん漢字を勉強しました。漢字の勉強を頑張りました。だから大分日本語を読めるようになりました。
 この1年間たくさん旅行をしました。私の留学団体のロータリーでは京都と箱根と富士急ハイランドに行きました。富士急ハイランドに行った日は天気が悪くて、残念ながら富士山があまり見えませんでした。
 4月におばさんがハンガリーから遊びにきたので、一緒に広島、大阪、京都、神戸、姫路、札幌に行きました。宮島は私が一番気に入った場所です。おすすめです。姫路もとてもよかったです。
 ホストファミリーとも旅行をしました。色々な所を旅行しました。京都、高尾山、大阪のユニバーサルスタジオ、伊豆、長崎、日光に行きました。
 日本はたくさん美しい場所があって感動しました。日本の伝統や文化も体験しました。歌舞伎、大相撲、花火、お正月、花見、かまぼこづくり、そばうち、寿司づくりなどです。
 ハンガリーと日本の学校のしくみは異なります。例えば、ハンガリーでは私立の学校がなく全て公立です。先生は1つの教科ではなく複数の科目を教えます。さらに学校は毎日2時に終わります。
 日本の学校では様々な行事がありどれもグループで取り組みます。日本人のチームワークが素晴らしいと思います。日本人はとても勤勉で真面目に勉強します。
 日本には後18日います。この留学の最後にみんなと一緒に沖縄の修学旅行に行けてとても嬉しいです。一番の思い出になると思います。
 私がハンガリーに持って帰る日本人の印象はやさしさです。同級生のみんなは私にたくさんのことを教えてくれ助けてくれました。桜美林の人たちは誰もがとても親切でした。武田先生と加藤先生はいつも私の高校生活の支えになってくださいました。私の桜美林での一年間を可能にしてくれたすべての人に心から感謝します。
 ハンガリー語で「ありがとうございました」は「csumpi kurvak」です。どうもありがとうございました。

Adobe Reader

PDFをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は右側のアイコンよりダウンロード(無料)してご利用ください。

学校紹介

桜美林中学校・高等学校をご紹介しています。

教育内容

桜美林中学校・高等学校の教育内容をご紹介しています。

学校生活

授業、課外活動、さまざまな行事を通して素顔の桜美林を紹介します。

進路指導

一人ひとりの希望を聞き、将来像や生き方をともに考えて指導します。

入試情報

桜美林中学校・高等学校の入試に関する詳しい情報をご案内します。

Pagetop