中学校礼拝

更新日:2018年10月10日

 わたしはまことのぶどうの木、わたしの父は農夫である。わたしにつながっていながら、実を結ばない枝はみな、父が取り除かれる。しかし、実を結ぶものはみな、いよいよ豊かに実を結ぶように手入れをなさる。わたしの話した言葉によって、あなたがたは既に清くなっている。わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている。ぶどうの枝が、木につながっていなければ、自分では実を結ぶことができないように、あなたがたも、わたしにつながっていなければ、実を結ぶことができない。わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。(ヨハネによる福音書15章1~5節)

 10月10日(水)1時間目の中学校礼拝では、日本基督教団神奈川教区寿地区センターの三森妃佐子牧師をお招きして「つながりあう命」と題してお話を伺いました。
 日本基督教団神奈川教区寿地区センターでは、横浜の寿地区で生活保護を受けて生活している人々の健康・文化等生活全般に関わりをもち、野宿者が福祉を受けられるように手助けをしています。また毎週金曜日の炊き出しや夜間に野宿者を訪問するなど支援を続けています。
 三森牧師は「その木がその木であるためには、すべての枝が生き生きとしていなければなりません。命は宝物です。誰一人不幸であってはならず、一人一人の命が尊ばれなければいけません。一人一人が豊かな実を結ぶことのできる社会、希望を生み出せる社会を目指すために、自分たちに何ができるかを考えてほしいと思います。」とお話を結んでいらっしゃいました。

Adobe Reader

PDFをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は右側のアイコンよりダウンロード(無料)してご利用ください。

学校紹介

桜美林中学校・高等学校をご紹介しています。

教育内容

桜美林中学校・高等学校の教育内容をご紹介しています。

学校生活

授業、課外活動、さまざまな行事を通して素顔の桜美林を紹介します。

進路指導

一人ひとりの希望を聞き、将来像や生き方をともに考えて指導します。

入試情報

桜美林中学校・高等学校の入試に関する詳しい情報をご案内します。

Pagetop