中学校芸術鑑賞教室

更新日:2018年11月20日

 11月20日(火)、パルテノン多摩大ホールにて中学校の「芸術鑑賞教室」が開かれました。今年度の芸術鑑賞教室は落語・漫才・太神楽を寄席形式で鑑賞しました。最初から最後まで笑いの絶えないあっという間の1時間40分でした。

 初めに勇気ある生徒たちが舞台へと上がり、お囃子の三味線に合わせながら太鼓を叩かせてもらったり、師匠を真似て手拭いを本に見立てたり、扇子を箸に見立てて蕎麦をすするなど、落語独特のしぐさを教えていただきました。

 寄席は、最初に女流噺家で現在二ツ目の三遊亭遊かりさんによる落語「牛ほめ」、次に東京漫才四天王のうちの一組で寄席を中心に活躍している宮田陽・昇さんによる漫才、続いて翁家和助さんによる太神楽、最後に真打三遊亭遊雀師匠による落語「初天神」を鑑賞しました。

 遊雀師匠からは「グローバルな時代だからこそ、日本の古典文化に親しむことが大切なのではないか」という言葉をいただきました。

Adobe Reader

PDFをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は右側のアイコンよりダウンロード(無料)してご利用ください。

学校紹介

桜美林中学校・高等学校をご紹介しています。

教育内容

桜美林中学校・高等学校の教育内容をご紹介しています。

学校生活

授業、課外活動、さまざまな行事を通して素顔の桜美林を紹介します。

進路指導

一人ひとりの希望を聞き、将来像や生き方をともに考えて指導します。

入試情報

桜美林中学校・高等学校の入試に関する詳しい情報をご案内します。

Pagetop