アメリカ短期留学

更新日:2019年3月31日

 Three weeks ago our students embarked on a journey of personal growth. Over the course of three weeks, they have had experiences and made memories that will last them a lifetime. This morning our students said goodbye to their homestay families and friends made here in San Diego. It's always hard to say goodbye, but I think they are eager to return home, to see their families and to have a home-cooked meal, Japanese style.

 Thank you for checking in and reading the daily posts (in English!) We are on our way home! (2019/3/31)

 In the morning, students met with their teachers one last time and reflected on their experiences here in San Diego. Then at 10:30, we had our closing ceremony. The teachers and the staff at CSUSM, as well as the volunteers and many of the host families were all in attendance! Everyone was so delighted by our students final presentations. They explored a variety of topics, and highlighted differences and similarities between Japanese and American culture. They really did an outstanding job! We were also treated with the finished product of our beautiful mural painting!

 In the afternoon, students headed over to Sky Zone to release all of their stress from their morning presentations. They had a wonderful time and naturally they didn't want to leave! Tomorrow is our last full day in San Diego and students will spend the day with their host families.(2019/3/29)

 With just one day to go before the closing ceremony, students worked diligently on polishing up their final presentations. Over the past two weeks of classes, outings and other extra-curricular activities, students have had a chance to learn about American culture first-hand while reflecting on their own. Tomorrow they will share with the teachers and homestay families what they have learned through their various experiences here in San Diego.

 In the afternoon, students picked up their paint brushes and collectively created a beautiful work in the style of a mural. Within the mural are messages, some hidden, others direct, that reflect the hearts and minds of our students after spending two weeks at CSUSM. I can't wait to see the finished product! (2019/3/28)

 With just two more days to go, students worked hard on putting their final presentations together. They also learned how to plan for a party. Students tried to speak in English, even when working amongst themselves. Of course, it is unnatural for them because they are used to speaking in Japanese, but I feel they are making a real effort.

 In the afternoon, students learned what a "mural" is, and the process of making one from a local artist. They brainstormed in groups about themes that they could incorporate into a group mural project. Tomorrow they will have a chance to bring their ideas to fruition in the art studio! (2019/3/27)

 It was a perfect day for a trek through Safari Park. In the morning we took a guided tour where students had a chance to learn about rare and highly endangered animals and their habitat. In the afternoon, we took the Africa Tram Safari where we were able to get up close with some of the world's most majestic animals.

 After touring Safari Park, students had a chance to relax and squeeze in a bit of shopping at Westfield North County Mall, one of the larger shopping malls in the city. (2019/3/26)

 Back to work. After a few days of off-campus activities, students returned to the classroom to work on their final presentations which they will deliver before the closing ceremony on Friday. Students are working in small groups and exploring differences and similarities between Japanese and American culture.

 In the afternoon, students were treated with presentations from local Japanese professionals and entrepreneurs. It was a productive day for our students. (2019/3/25)

 Once again, our visit to Torrey Pines High School proved to be a great opportunity for cultural exchange. This time our students introduced Japanese games, a Japanese snack "ねるねるねるね" and a popular Japanese dance to students who are studying Japanese. It was an engaging experience and everyone had a wonderful time. After lunch, we took a tour of the campus and played some sports. Everyone greeted us kindly and we even had a chance to talk with the vice principal. This weekend our students will spend time with their homestay families. (2019/3/22)

 Today, we split the students into two groups. Half of the students explored the city of San Diego. They visited La Jolla Shores, UTC Shopping Mall and Old Town. The other half went to Torrey Pines High School where they introduced different aspects of Japanese culture to students who are learning Japanese. It was a beautiful day and both groups had a wonderful time.(2019/3/21_02)

 21日(木)・22日(金)は、グループを2つに分けてSan Diegoの高校訪問と観光をします。
 我われが訪問したTorrey Pines High Schoolは、約2500名の生徒が在籍する大変規模の大きい公立高校です。Torrey Pines High Schoolには日本語を学べる授業があり、桜美林の生徒たちはその授業に参加しました。
 教室に入って驚いたことは、和太鼓3張に浴衣までもが用意され、配布されるプリントや黒板の連絡事項もすべて日本語で書かれていたことです。
 サト先生のリードで交流が始まり、桜美林のグループ①は「ソーラン節」について、グループ②は「J-POP]について、グループ③は「Japanese Toy」(けん玉と折り紙)について発表し大変盛り上がりました。
 昼食後は桜美林の校歌や好きな歌を歌ったり、日本語や英語のしりとり、浴衣の着方を練習したり、Torrey Pines High Schoolの生徒が作った日本語の文章を桜美林の生徒が添削するなどして、とても面白い交流ができました。 (2019/3/21_01)

 3月20日(水)、サンディエゴに来てから初めての曇り空です。午後からは雷雨の天気となりました。
 生徒の通うカリフォルニア州立大学サンマルコス校は大変広大な敷地面積を有しています。高低差もかなりあるため移動には多くの階段も使わないといけません。午前中は一番端にある建物「Social Behavioral Science Building」(SBSB)の4階で授業を行いましたが、ホストファミリーに学校まで送ってもらい車から降りた後、この教室を見つけるまでが一苦労でした。
 午前中は高校訪問で行うプレゼンテーションの準備を行い、午後は「Taboo」という言葉の連想ゲームやDisneyキャラクターのゲームに興じました。先生からは「Only speaking in English」という指示がありましたが、みんな興奮するとつい日本語が出てしまい、まるでふだんの放課後のような楽しい雰囲気でした。(2019/3/20)

 3月18日(月)、今週からは午前中に英会話の授業、午後はアクティビティとなります。
 英会話の授業も日本とは異なり、出された質問に対して意見を英語でいう練習が続いています。日本語では簡単に答えられるような問いなのですが、それを英語で表現することに努力を要します。生徒たちは、班ごとで行われるディスカッションにとても力を注いでいました。
 ランチタイムは、それぞれランチボックスを持って、教室の中や大学の庭などで思い思いに過ごしていました。
 午後は「Campus Scavenger Hunt」というアクティビティでした。2~3人で1グループとなり、制限時間までにテーマに合った写真を撮ってくるという内容です。大学の構内は分かりにくい場所があるので、誰かに英語を使って質問することもこのアクティビティの目的になっていました。スターバックス・コーヒーの前やエレベーター前でグループの写真を撮るというテーマもあれば、Dr.Seussの本を読んでいる人の写真を撮る、大学構内でユニホームを着た人と一緒に写真撮る、など面白いテーマが13も用意されていて、生徒たちは2時間近く構内を巡って写真を撮っていました。
 終了後には、それぞれの写真について、みんなでディスカッションを行いました。とても実りのある1日でした。(2019/3/18)

 3月16日(土)、素晴らしい天候に恵まれてカリフォルニア・ディズニーリゾートを訪問することができました。
 ここにはディズニーランドとカリフォルニア・アドベンチャーの2つがあります。激しいアトラクションが多いカリフォルニア・アドベンチャーを体験してきました。
 大勢の人でにぎわい、2~3時間待ちのアトラクションもありましたが、みな事前に乗りたいアトラクションを調べており、思い存分楽しみました。(2019/3/16)

 15日(金)は、9時から英会話の授業が始まりました。テーマが与えられ、数人でdiscussionしますが、もちろん英語しか使えません。午後の授業も英語のみでの会話しか許されず、普段の会話を英語でするよう先生から指示が出ました。
 ランチはホストファミリーが用意してくれたり、材料だけが与えられ自分で調理したりと、家庭によってさまざまです。基本的には朝食も昼食も自分で用意して食べるのがこちらでの習慣です。半数の生徒は自分で作ったランチ(サンドイッチなど)をもってきて食べていました。
 今年もまたCSUSMから生徒一人ひとりにTシャツがプレゼントされ、生徒たちはとても喜んでいます。明日16日は、Disneylandへの遠足が予定されています。(2019/3/15)

 14日(木)は9時からオリエンテーションが始まり、学生ボランティア5人も加わってグループごとに英語の練習が始まりました。
 昼食後、午後は電車でOcean Sideへ移動しました。気温は20度近くまで上がり、水着の人もいる海岸で、生徒たちはゆっくりと過ごしました。
 ここでは「SunSetMarket」が毎週木曜の17時から開催されており、洋服や花、装飾品、各国のフードテントが50店舗ほど並び、生徒たちも十分に楽しんでいました。(2019/3/14)

 CSUSM校内にある国際交流の部屋で、ホストファミリーとの対面式・オリエンテーションを済ませ、生徒たちはホスト宅へと向かいました。みな英語を使うことに緊張気味でした。(2019/3/13_03)

 空港からバスに乗り、港にあるミッドウェイ博物館博物館へ行きました。ここでは実際に使用されていた空母ミッドウェイがあり、中を自由に見学することができました。またいろいろな戦闘機が置かれていて実際に乗り込むこともできます。
 サンディエゴは横浜と姉妹都市になっています。港周辺の公園や、お店の雰囲気は山下公園に似た雰囲気があります。(2019/3/13_02)

 時差があるため、3月13日(水)の10時半に無事にサンディエゴに到着しました。サンディエゴは西アメリカの第2の都市です。長時間のフライトで少々疲れ気味でしたが、みな元気です。(2019/3/13_01)

 本日3月13日から4月1日まで、高校生29名がカリフォルニア州立大学サンマルコス校(California State University San Marcos)での語学研修を中心とした短期留学に出かけます。
 一行はこの後、17時05分のJL66便でサンディエゴに向かいます。およそ10時間のフライトになります。
 参加者一人一人が神さまに守られ、充実したアメリカ滞在になりますように。

Adobe Reader

PDFをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は右側のアイコンよりダウンロード(無料)してご利用ください。

学校紹介

桜美林中学校・高等学校をご紹介しています。

教育内容

桜美林中学校・高等学校の教育内容をご紹介しています。

学校生活

授業、課外活動、さまざまな行事を通して素顔の桜美林を紹介します。

進路指導

一人ひとりの希望を聞き、将来像や生き方をともに考えて指導します。

入試情報

桜美林中学校・高等学校の入試に関する詳しい情報をご案内します。

Pagetop